住まいでは、階段の設置位置もとても重要なもので、同線などを意識して、使い勝手をよくしていく

シックハウス保証のある住まいに優しい住宅とは
シックハウス保証のある住まいに優しい住宅とは

住まいでは動線を意識していくことが必要

住まいで2階建て以上の住宅は、階段の設置位置がとても大事なポイントとなり、階と2回の間取りにそれぞれ工夫を凝らしていても、それらをつないでいく階段の位置が不適切だと使い勝手が悪い間取りになることがありますから、注意しましょう。そして各部屋への出入り口も使い勝手に影響してきて、出入口は動線を考えて配置して、大型の家具やピアノを搬入していくときに、その間口の大きさも注意しましょう。こうして間取りの計画はいろいろな要素が絡んでいて、使い勝手や機能以外に、空間演出も考えてもらいたいです。

そして間取りの計画に悩むことがあれば、その道のプロの建築家に相談してみることが大事です。そして新築の戸建て住宅は限られた敷地や条件の中で、さらに、マンションのリノベーションであれば、中古物件の構造や既存の間取りを考えたプランを提案してくれるでしょう。そして、部屋が広く見えるようにしていくには、天井に密着したシーリングライトがいいでしょう。そして、それまでつかっていたシャンデリアは以前の天井の高さにあったものを選んでいたので、今の住まいには大きさや高さに合わなくて部屋が狭く見えていました。そして、部屋が広く見えるようにシーリングライトにすることが決まっても、これはシンプルなデザインが多くて、部屋に合う気に行ったものを選ぶのに苦労しました。

Copyright (C)2017シックハウス保証のある住まいに優しい住宅とは.All rights reserved.